LPガス会社変更の流れ | プロパンガス消費者協会
お電話でのお問い合わせ・ご相談
お問い合わせ | サイトマップ
戸建住宅

LPガス会社変更の流れ

プロパンガス(LPガス)会社を変更するには、現ガス会社の解約から新しいガス会社の選定と契約の手続きが必要ですが、協会では優良ガス会社紹介と変更手続きのすべてを無料で代行します。LPガス会社の良し悪しもプロが選択するので安心できます。

 

 

快適なLPガス生活を送るためにガス会社変更を!

かつては、プロパンガスは高くて当たり前が主流とされてきましたが、今や「都市ガスとプロパンガスで大きな料金差があるのはおかしい」と先進的な考えを持ったガス会社が適正価格で供給する時代になりました。とはいっても、まだまだ適正価格の普及はごく一部であり、ガス会社の料金設定は利用者が安心できるものとはいえません。

このような中、個人でLPガス会社を選別するのはまさに玉石混交、リスクを伴います。特に、極端に安い価格を提供するLPガス会社には注意が必要です。顧客を得るために、契約時には料金を格安にしておいて、しばらく経つとどんどん値上げを繰り返して利益を得るという悪質な販売店が存在するからです。

LPガス会社の変更をお考えの方におすすめする方法は、LPガス会社変更のプロに任せることです。自分で解約手続きをしなくてよいので手間も省けるだけでなく、正規の解約手順に沿って進むことができるのでトラブルが発生することもないのが安心です。適正価格のガス会社に変更して快適なLPガス生活を送りましょう。

今すぐ変更すべきLPガス会社の特徴

プロパンガスを使っていて、その請求額の高さに驚いた経験はないですか?たとえば、都市ガスエリアから引っ越してきて最初の検針票を見たとき、あるいはLPガス会社の営業マンに今のガス料金が高いと指摘された場合、ガス単価の値上げ通知が届いた場合など、きっかけはさまざまでしょう。

でも、これはLPガス会社変更のサインと思ってください。

LPガス会社の良し悪しを判別するにはいくつかのポイントがあります。今お使いのLPガス会社がこれから解説する項目に1つでも該当するなら、今すぐガス販売店を変更することをおすすめします。

では、不誠実と思われるLPガス会社の特徴とは何か詳しく見ていきましょう。

①適正価格とかけ離れている料金設定のLPガス会社

プロパンガス料金は自由料金制なので、ガス会社が自由に価格を決めることができます。それをいいことに、業界全体で価格競争をせずに高値安定を維持して利益を得てきました。これにより地域の平均ガス料金=相場価格は適正価格よりはるかに高いのです。

つまり、消費者は何も知らずにガス会社の一方的な言い値でプロパンガスを買っていたというわけです。適正価格を調べてみて、今のガス料金がかなり高い場合にはLPガス業者を切り替えましょう。

②頻繁に料金値上げを繰り返すLPガス会社

問題なのは、短期間にガス料金の値上げを繰り返すLPガス会社の存在です。顧客欲しさに契約時は格安にしておいて、わずか半年から1年も経つと年に2度も3度も値上げを繰り返します。

これは、原油価格が上がった時期の値上げなど、ガス会社が利用者に通知することなく一方的に料金値上げできたことが原因にあげられます。

今では法改正により、料金値上げの際には1カ月前に消費者に告知することが義務付けられたので、悪質なガス会社は減少しています。それでも、検針票の隅に小さな文字で「○月分より、従量単価を○○円値上げします」とだけ書くガス業者も存在します。中には、根拠のない値上げも紛れている場合があります。

さらに、原油価格が高騰していない時期にも勝手に値上げをする悪質な販売店もあるわけですから、利用者としては黙っていられませんよね。適正な値上げではないと分かったら今すぐガス会社変更が必要です。

③メンテナンスや緊急時の対応が悪いLPガス会社

基本的にプロパンガスは都市ガスと同じく安全です。ガスメーターにはマイコンを搭載しているので、ガスの流れや圧力等に異常が発生した場合に自動的にガスを遮断します。また、万が一のガス漏れや地震・災害発生時などの緊急時に迅速に対応できるよう、365日24時間体制を確保しているのも一般的になっています。

しかし、せっかくの安全システム機能があっても、担当者の質が悪いと安心ができませんね。日ごろの対応が不親切だったり、メンテナンスを怠っているガス会社はやめましょう。


LPガス会社の料金交渉は避けるべき

「LPガス会社を変更なんて面倒だから、料金交渉してみよう」と思う人もいるかもしれませんが、それはおすすめできません。仮にあなたが契約先のガス会社に「お宅のガス料金は高過ぎですよ。もっと料金を安くしてもらえませんか」と交渉したとします。すると、ガス会社を他社に変更されるくらいならと値下げに応じることは多々あります。

しかし、これはあくまでも一時的な引き留めの値下げなので、半年もすれば勝手な値上げがまた繰り返されて、交渉前より料金が高くなってしまいます。 ガス会社の営業マンが「今後は値上げなんて絶対にしませんよ」と言い切ったとしても、その約束は守られるはずがありません。

ガス料金を安くしたいのなら、料金交渉ではなくガス会社の乗り換えサービスをプロに任せることです。どう頑張ってみても素人である一般消費者には、ガス会社の良し悪しは分からないということです。

そこで、一押しなのがプロパンガス消費者協会です。プロパンガスについて知識があるプロだから、的確な判断で優良会社を紹介します。ガス会社の解約手続きと新規契約手続きを無料代行してくれるので、面倒な手間が省けます。


LPガス会社変更の流れ

プロパンガス消費者協会で優良ガス会社を紹介してもらったら、その後の変更手続きは新しいプロパンガス会社が代行します。利用開始までの期間は10日程度です。紹介料等は一切発生しません。

※築年数が15年未満や、契約中に給湯器等ガス器具の交換があった場合など、条件によっては一部違約金が発生する場合もありますのであらかじめご了承ください。

ガス会社変更の流れ
① ガス会社探しを依頼
当協会まで、メール(無料)または電話(フリーダイヤル:0120-268-809)でガス会社探しをご依頼ください。
 
② ガス会社をご紹介
当協会が配送ルートと対応ガス会社を確認の上、お客様の条件に一番適したガス会社を1社ご紹介します。
 
③ 新ガス会社で承諾
ご紹介したガス会社でご承諾いただければ、当協会の担当者にその旨お伝えください。
 
④ 電話連絡の上、訪問打合わせ
新ガス会社より、訪問日時のアポイントの電話が入ります。ご都合の良い日を決めて自宅に呼んでいただき、詳細を打ち合わせ後、問題がなければ委任状に署名・捺印をしてください。
 
⑤ ボンベとメーターの切替工事
委任状が現在のガス会社に届いてから7日間は工事ができません。約1週間経過した後、ボンベとメーターを取り替えるための工事を新ガス会社側で行います。所要時間は30分~1時間程度です。
 
⑥ 新ガス会社から供給開始
工事が終了したら点火テストの後、すぐにご利用可能です。

まとめ

プロパンガス(LPガス)会社変更の流れについてご紹介しました。もしかしたら、良く知らないまま不適切なガス会社を使い続けているのかもしれません。次の項目の1つでも該当したら今すぐLPガス会社を変更しましょう。

  1. 適正価格とかけ離れている料金設定のLPガス会社
  2. 頻繁に料金値上げを繰り返すLPガス会社
  3. メンテナンスや緊急時の対応が悪いLPガス会社

適正価格でプロパンガスを使いたいと考えるのであれば、ガス会社に料金交渉するのではなく、プロパンガス業界に精通したプロパンガス消費者協会にガス会社探しを任せることが得策です。

紹介料等は一切いただきません。今すぐプロパンガス消費者協会にお問い合わせください。


今すぐ電話で無料相談・お問合せ
下記ボタンから直接フリーダイヤルにつながります

※アパートの方は受付しておりません

<電話受付時間>
平日 9:00-19:00 | 土日祝 10:00-17:00
簡単1分!無料相談・お問合せ
下記ボタン先のお問合せフォームより承ります

※アパートの方は受付しておりません

無料相談を申し込む

ページの先頭に戻る