中古住宅購入の方 | プロパンガス消費者協会
戸建住宅

中古住宅購入の方

一般社団法人 プロパンガス消費者協会は、一戸建て中古住宅の購入をご計画されている方に適正価格の優良ガス会社を無料でご紹介し、ガス料金削減のお手伝いを行っています。

前の持ち主が利用していたガス会社が高い理由

殆どの方が利用している「平均価格」というのは実は「高値」

中古住宅の場合、以前の持ち主が契約していたガス会社の価格は、その都道府県の平均価格である可能性が高いです。


都道府県別の平均価格は、石油情報センターのホームページから調べることができます。実は、この「平均価格」自体が都市ガスに比較するとかなり高いものになっています。ちなみに関東地方の平均価格は、基本料金を1,500円で計算すると1立方メートル当たりの従量単価が536円になります。

プロパンガスの平均価格は高過ぎ!
※1=石油情報センター発表(2014年1月31日)の関東地方の平均価格を参照。
※2=一般社団法人 プロパンガス消費者協会の独自設定価格。関東地方の場合320~360円だが最多価格帯を採用。
※3=東京ガス発表(2014年9月)の東京地区のガス料金を参照。月間20~80m3利用として熱量の違いを考慮した上で計算。

平均単価536円というのは、都市ガスの315円と比較すると実に1.7倍。これがプロパンガスの平均価格であっても、高すぎると言わざるを得ません。プロパンガスも都市ガスも機能はまったく同じなので、これでは都市ガスとの価格競争力がありません。

協会経由で入居前に「適正価格」のガス会社への変更を!

プロパンガス業界の言う平均価格がいかに高いかご理解いただけたかと思います。もし中古住宅を購入したあなたが漠然と契約してしまうと、当協会の推奨する適正価格よりも50%以上も高いガスを知らずに利用してしまう可能性がある訳です。


仮にガス会社と交渉して単価330円前後に下げていただいたとしても、業界全体に蔓延している「段階的値上げ攻勢」から一般の利用者が逃れるのは至難の業です。


真の意味で安心して適正価格で供給を受けるためには、当協会がご紹介する優良なガス会社でスタートするのが賢明なやり方だと思います。

「メーター」が残っているかどうかがポイント

購入をご検討の中古住宅をご覧になって、ボンベ置き場の近くにメーターが残っているかどうかをご確認ください。(ボンベはおそらく残っていません)


残っていると、適正価格のガス会社をすぐにご紹介することができないので、これを撤去してもらうことが必要になります。


詳しくは当協会まで、電話(フリーダイヤル:0120-268-809)またはメールにてご相談ください。


無料相談を申し込む
戸建住宅
集合住宅
  • 適正価格保証
  • 【戸建】適正価格 早見表
  • 適正価格とは
  • プロパンガス料金のしくみ
  • ガス会社変更方法
  • 【戸建】自己所有の方
  • 【戸建】借家の方
  • 【戸建】新築をご計画の方
  • 【戸建】中古住宅購入の方
  • 大家さんの方
  • 店舗・業務用の方
  • 集合住宅の方
  • 料金編
  • 特性編
  • 対象エリアと適正価格
  • お役立ち情報
  • 戸建にお住まいの方の声
  • 集合住宅にお住まいの方の声
  • 協会の概要
  • 設立趣旨と活動内容
  • 適正価格保証制度

ページTOPへ