東北地方【料金編】 | プロパンガス消費者協会
都市ガスとの比較

東北地方【料金編】

東北地方は都市ガス、プロパンガスともに高いエリアです。東北6県が同等額ではなく、価格競争が活発な宮城県と福島県、そして、秋田県の3県のプロパンガス単価は500円台。他3県はいずれも600円台で、青森県は特に高く600円後半です。

宮城と福島はプロパンの価格競争が活発

宮城県

【宮城県】プロパンガス換算で20m3を利用したとして計算
※1=仙台市ガス局2017年2月のデータ。プロパンガスの熱量と比較して半分以下なので、2.23倍して換算。
※2=従量単価400円で計算。※3=石油情報センター2016年12月のデータより。従量単価は546円で計算。
<解説>

宮城県の場合、都市ガスは仙台市ガス局の価格を参考にしました。ただし、供給エリアは仙台市、名取市などの一部であり、それ以外のエリアの都市ガス価格は仙台市ガス局ほど低価格ではありません。


福島県

【福島県】プロパンガス換算で20m3を利用したとして計算
※1=福島ガス2017年2月のデータ。プロパンガスの熱量と比較して半分以下なので、2.23倍して換算。
※2=従量単価400円で計算。※3=石油情報センターの2016年12月のデータより。従量単価は555円で計算。
<解説>

福島県の場合は、平均価格が都市ガスよりも圧倒的に高いものの、適正価格が意外にも安いというのは、福島県のプロパンガスの自由化が進み、競争が活発に行われていることを示しています。都市ガスの料金も他のエリアに比べて高めになっているようです。


青森県

【青森県】プロパンガス換算で20m3を利用したとして計算
※1=青森ガス2017年2月のデータ。プロパンガスの熱量と比較して半分以下なので、2.23倍して換算。
※2=従量単価500円で計算。※3=石油情報センターの2016年12月のデータより。単価は658円で計算。
<解説>

青森県は、総じてすべてが高いです。都市ガスの基本料金が1,300円と高く、単価も455円なので関東のプロパンよりも100円ほど高いです。プロパンガスの平均価格は基本料金を1,700円とすると単価が658円台と高く、競争があまり行われていないために適正価格も500円と高止まりしています。


秋田県

【秋田県】プロパンガス換算で20m3を利用したとして計算
※1=東部ガス2017年2月のデータ。プロパンガスの熱量と比較して半分以下なので、2.23倍して換算。
※2=従量単価500円で計算。※3=石油情報センターの2016年12月のデータより。単価は590円で計算。
<解説>

秋田県の特徴は、東北地方の中では都市ガスが比較的安く、東北でこのくらいの料金で利用できれば恵まれていると思います。しかし、プロパンガスは他の東北地方と同様に高いです。


山形県

【山形県】プロパンガス換算で20m3を利用したとして計算
※1=山形ガス2017年2月のデータ。プロパンガスの熱量と比較して半分以下なので、2.23倍して換算。
※2=従量単価642円で計算。※3=石油情報センターの2016年12月のデータより。従量単価は618円で計算。
<解説>

山形県の都市ガスは決して安いとは言えず、プロパンガスも平均価格が618円でかなり高いと言わざるを得ないです。都市ガスは山形ガスの料金体系を参考にしましたが、このガス会社の供給エリアは山形市だけなので、他のエリアにお住まいの方は別途お調べください。


岩手県

【岩手県】プロパンガス換算で20m3を利用したとして計算
※1=盛岡ガス2017年2月のデータ。プロパンガスの熱量と比較して半分以下なので、2.23倍して換算。
※2=従量単価500円で計算。※3=石油情報センターの2016年12月のデータより。単価は608円で計算。
<解説>

岩手県は、プロパンガスの平均価格が驚くほど高いです。基本料金が1,806円、単価608円というのは利用者からすると大変です。



無料相談を申し込む
戸建住宅
集合住宅
  • 適正価格保証
  • 【戸建】適正価格 早見表
  • 適正価格とは
  • プロパンガス料金のしくみ
  • ガス会社変更方法
  • 【戸建】自己所有の方
  • 【戸建】借家の方
  • 【戸建】新築をご計画の方
  • 【戸建】中古住宅購入の方
  • 大家さんの方
  • 店舗・業務用の方
  • 集合住宅の方
  • 料金編
  • 特性編
  • 対象エリアと適正価格
  • お役立ち情報
  • 戸建にお住まいの方の声
  • 集合住宅にお住まいの方の声
  • 協会の概要
  • 設立趣旨と活動内容
  • 適正価格保証制度

ページTOPへ